月別アーカイブ: 7月 2016

埋没毛はニキビの原因になるの?

埋没毛はニキビの原因になるのでしょうか。埋没毛というのは、ニキビとよく似ています。埋没毛の部分が細菌感染を起こしてしまった症状は、ニキビとよく似ていて、皮膚の下に毛が潜り込んでそのまま伸びてしまった状態になっています。

埋没毛というのはやっかいで、皮膚の下ではどうしても抜くことができません。しかし、放置しておくと、赤くなってきて、ニキビのような感じになります。埋没毛とニキビは、密接な関係があって、皮膚表面のニキビや肌荒れなどが原因で、埋もれ毛がシコリになることもあります。

ニキビにも強い全身脱毛京都のサロンの探し方のポイントはどんなところ?

シコリになってしまったり、深い埋没毛については、自然に治ることはないので、早めに病院へ行って、診察を受ける必要があります。埋没毛は、皮膚の中でどんどん毛が伸びる現象で、皮膚の新陳代謝が活発なら、自然に覆っている皮膚が剥がれて毛が出て行くのですが、必ずしもそうはなりません。

皮膚で塞がったまま、毛穴の中で行き場を失った埋没毛は、やがて内部を傷つけることになります。そうなると、そこから細菌に感染して炎症を起こしてしまうのです。この炎症は毛嚢炎といい、毛嚢炎になると表面はニキビのようにぽっこりと腫れてきます。